脳の病気・MRI・脳ドック

最新の検査機器で脳の病気をしっかりチェック

当院で「脳」に関する来院理由として多い症状は「頭痛」「めまい」「しびれ」「頭のけが」です。

最近はお仕事や日常生活でもパソコンを使って作業する方が増えたためだと思いますが、筋緊張性疾患の頭痛に悩む方が多いようです。
しかし「ただの肩こり、疲労から来る頭痛だろう」と油断していると、実は大きな病気だったということも十分に考えられます。

当院は脳についても最新の検査機器を揃えております。たとえば脳梗塞であれば、MRIや超音波エコー検査で早期診断・治療にあたります。
異常がなくても、MRIで脳を撮影して診断する「脳ドック」も行っておりますので、お気軽にご利用ください(1回2万円+税)。
ただし、頭痛の内容によっては注意が必要です。もし「ハンマーで突然殴られたような痛み」であった場合、さらに吐き気や気分の悪さも起こっているようであれば、くも膜下出血を起こしている可能性があります。この治療は一刻を争いますので、すぐに医師にご相談ください。

脳動脈瘤

脳動脈瘤はそれ自体に自覚症状はなく、まれに「まぶたが垂れる」「目が見えにくい」といった場合もあるものの、多くは無症状です。
しかしこれが破裂すると、くも膜下出血を起こします。くも膜下出血は脳に大きな後遺症を残すだけでなく、場合によっては命取りとなります。
以前の診断では、主にカテーテルが使われていました。しかし、造影剤が必要であったり、検査そのものが苦痛で危険だったり、といったデメリットがありました。
そこで、現在は手術前提といった場合をのぞき、MRIを用いて診察しています。これにより、造影剤を使わずに苦痛なく動脈瘤を発見することができます。

脳腫瘍

多くは無症状ですが、初期症状として、頭痛、ものわすれ、ふらつきなどの多彩な症状が見られる場合があります。
脳腫瘍のほとんどは良性のものです。しかし良性でも放置しておくと大きくなり、脳を圧迫して命に関わることもあります。

頚動脈狭窄症

脳に血液を送る大事な血管である頚部頚動脈が細くなってしまう病気です。この血管は、脳卒中の原因となる血栓症が起こりやすい部位でもあります。
狭窄症を起こすと、一過性脳虚血発作(TIA)といって「いきなり力が抜ける」「目が見えなくなる」「言葉が出なくなる」といった発作が、数分間出現することがあります。これを放置して血管が完全に詰まると脳に血が行き渡らなくなり、半身不随や、場合によっては命にかかわることもあります。
寝たきりとなる原因のおよそ5割は、頭の中の血管の異常も含めた脳卒中といわれますから注意が必要です。

side_img02_sp.png
オンライン予約待ち時間の確認はこちら
医療法人いぶき会さかぐちクリニック TEL072-242-1114医療法人いぶき会さかぐちクリニック TEL072-242-1114
オンライン予約待ち時間の確認はこちら
携帯電話で予約順番の取り方はこちら
メニュー
HOME
医院紹介
診療時間・アクセス
院長紹介
当院の特徴
脳の病気・MRI・脳ドック
脊髄疾患・ヘルニア・神経疾患
症状別の疾患
CTを用いた検査
検査の手順
物忘れ外来
生活習慣病の改善
治験について
脳の病気MRI検査 生活習慣病サイト
さかぐちクリニックの徒然日記

アクセス

所在地

〒593-8301
大阪府堺市西区上野芝町2丁7-3
西友楽市上野芝 2階

ホームページを見たと
お伝えください

072-242-1114

受付時間

平日

9:30~12:30、
16:00~19:30

検査

14:00~16:00

休診日

水曜日・日曜日・祝祭日
(水曜日は訪問診療のみです)
※木曜日(午後の診察)
…17:00~19:30
※土曜日(午後の診察)
…16:00~17:30

詳しいアクセスはこちら詳しいアクセスはこちら