脊髄疾患・ヘルニア・神経疾患

脊椎・脊髄・神経に関するお悩みは当院へ

当院は診療科目として「脳神経外科・内科、外科、リハビリテーション」としております。

神経の走る部位はすべて「神経外科」の治療範囲となりますから、頭部にかぎらず末梢神経の問題や脊椎・脊髄の疾患でも多くの患者さまにご来院いただいております。
特に人間の体と頭を支えている脊椎は、その中を走る神経組織である脊髄を守るという重要な役割があります。
そのため、脊椎に外傷や腫瘍などがあると、脳から手足、内臓へとつながる神経繊維である脊髄に影響を及ぼします。
一度でもここを傷つけてしまうと回復が大変難しいことから、脊椎の疾患・傷害を防ぐことは長生きや健康の維持という面で非常に重要であるといえます。

椎間板ヘルニア

脊椎に変形を起こす疾患の中でも、代表的とされるのが腰部椎間板ヘルニアです。
「重いものを持ち上げる」「腰をひねることが多い」「仕事やスポーツなどで毎日くり返し同じ行動をする」といった方によく発生します。
長期間仕事や生活に支障をきたすほどの痛みがあり、また足のしびれや痛み、足に力が入らなくなるなどの症状があります。ひどくなれば手術が必要です。

脊髄空洞症

脊髄の中に水がたまり、神経細胞の伝達が阻害されてしまう病気です。
脊髄に管を入れて減圧するほか、頭蓋骨と脊椎の移行部を拡大する手術を行って脊髄液の流れをよくするといった治療法があります。

脊髄腫瘍

大きく分けて、脊髄内にできるもの、脊髄をおおう硬膜の中にできるもの、硬膜の外にできるものの3種類あります。
それぞれ以下のような症状があります。

脊髄や神経を圧迫するため麻痺、感覚障害、手足の痛みなどを生じます。
脊髄内や脊髄外のすき間にできる腫瘍があります。

side_img02_sp.png
オンライン予約待ち時間の確認はこちら
医療法人いぶき会さかぐちクリニック TEL072-242-1114医療法人いぶき会さかぐちクリニック TEL072-242-1114
オンライン予約待ち時間の確認はこちら
携帯電話で予約順番の取り方はこちら
メニュー
HOME
医院紹介
診療時間・アクセス
院長紹介
当院の特徴
脳の病気・MRI・脳ドック
脊髄疾患・ヘルニア・神経疾患
症状別の疾患
CTを用いた検査
検査の手順
物忘れ外来
生活習慣病の改善
治験について
脳の病気MRI検査 生活習慣病サイト
さかぐちクリニックの徒然日記

アクセス

所在地

〒593-8301
大阪府堺市西区上野芝町2丁7-3
西友楽市上野芝 2階

ホームページを見たと
お伝えください

072-242-1114

受付時間

平日

9:30~12:30、
16:00~19:30

検査

14:00~16:00

休診日

水曜日・日曜日・祝祭日
(水曜日は訪問診療のみです)
※木曜日(午後の診察)
…17:00~19:30
※土曜日(午後の診察)
…16:00~17:30

詳しいアクセスはこちら詳しいアクセスはこちら