症状別の疾患

頭痛について

頭痛は大きく分けて2種類あり、まず1つはくも膜下出血、髄膜炎、脳腫瘍などによるもので、脳神経外科的な治療を必要とするものです。
もう1つが、一般に多くの方が考えるタイプの「頭痛」で、片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛などが挙げられます。
ただし、くも膜下出血による頭痛であっても、倒れたりせず歩いて病院まで来たというケースもあります。

これまで経験したことのない頭痛が起こった場合は、なるべく早く専門医の診断を受けてください。

慢性硬膜下血腫

頭部の外傷などが原因で、硬膜(頭蓋骨のすぐ内側にある膜)の中に少しずつ血液がたまり、血腫となった状態をさします。

少量であれば無症状であることがほとんどですが、量が多くなるにつれて脳を圧迫しはじめて頭痛を起こすことがあります。他にも手足の麻痺や歩行障害、思考力低下、痴呆症状、てんかん発作などに発展する場合もあります。
多くの場合は、簡単な手術で後遺症なく治すことができます。放置しているうちに自然治癒する場合もありますが、血腫がさらに大きくなって脳を圧迫する可能性がありますので、早めに治療を受けることが重要です。

片頭痛

発作の過程や、タイミング、またご本人の年齢などにより痛みが変化しますが、多くは生あくびや肩こり、空腹感などといった予兆があります。
ズキンズキンとした拍動痛で、それ以外の特徴として
「吐き気がする」
「光、音、においといった五感への刺激に過敏になる」
「動くと痛みが強くなる」

といったものがあります。
片頭痛用のお薬を内服することで症状を緩和します。

群発頭痛

一側性で片方の目の奥がえぐられるような痛みが一定期間に集中して起こります。
発作周期には個人差があり、痛みを感じる側の目が充血したり、涙が出るなどといった症状のほか、まぶたが腫れたり鼻水が出たりします。
女性に多いといわれる片頭痛とは対照的に、群発頭痛は20代~30代の男性に多いのが特徴です。

緊張型頭痛

お仕事や車の運転などで、長時間同じ姿勢を続けることで筋肉が緊張しているところへ、睡眠不足や過労が重なると起こることの多い頭痛です。
片頭痛とは違い、「動くと痛みが強くなる」ということはありません。こちらも内服薬による治療となりますが、片頭痛とは効く薬が異なるため、医師による正しい判断が重要となります。

めまいについて

大きく分けて
「回転性」
「浮動性」
「失神性」

と3種類のめまいがあります。それぞれ
「目の前がぐるぐる回る」
「ふらふらする」
「目の前が暗くなる」

という違いがあります。多くは良性発作性のめまいですが、いずれもさまざまな原因が考えられるため、そのめまいが脳血管障害や腫瘍が起こす怖いものではないかどうかを確かめることが重要です。

当院ではMRI、CT、エコーなどを用い、血管系の検査は一通り行うことができます。

回転性のめまい

考えられる原因……脳幹・小脳の梗塞・出血・腫瘍、椎骨脳底動脈循環不全、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、メニエール病など

浮動性のめまい

考えられる原因……緊張型頭痛、頚椎症、椎骨脳底動脈循環不全、血圧の薬の効き過ぎ、心因性など

失神性のめまい

考えられる原因……起立性低血圧、洞不全症候群をはじめとする心臓疾患、糖尿病性神経障害など

しびれについて

大きく分けて
「感覚障害」
「運動障害」

の2種類あります。
感覚障害によるしびれには、感覚が低下し鈍くなるものと、異質な刺激として感じるものとがあります。運動障害によるしびれは、筋力の低下によります。
こちらもめまいと同じく、そのしびれが脳血管障害や脳腫瘍、脊髄の疾患を示す怖いものでないかを確かめることが重要です。

物忘れ・認知症について

まず、物忘れの原因として多く考えられるのは、加齢による「正常な物忘れ」です。

しかし、認知症になりやすいとされるものわすれや、慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症・うつ病になどによる「病気からくる物忘れ」もあります。これらは早期発見や適切な治療、生活指導により症状が改善・回復する場合もあります。
当院では適切な治療につなげるため、最新機器を用いた検査により総合的な診断と治療を行います。

物忘れが進み、物忘れと認知症の間にある段階が「軽度認知機能障害」です。
将来認知症になるとは限りませんが、治療を受けない方の半分は認知症になる可能性があるといわれています。
そして、さらに症状が進むと、脳障害によって発達した知能が低下した「認知症」となります。
大きく分けて「アルツハイマー型」「脳血管性」の2種類があります。

side_img02_sp.png
オンライン予約待ち時間の確認はこちら
医療法人いぶき会さかぐちクリニック TEL072-242-1114医療法人いぶき会さかぐちクリニック TEL072-242-1114
オンライン予約待ち時間の確認はこちら
携帯電話で予約順番の取り方はこちら
メニュー
HOME
医院紹介
診療時間・アクセス
院長紹介
当院の特徴
脳の病気・MRI・脳ドック
脊髄疾患・ヘルニア・神経疾患
症状別の疾患
CTを用いた検査
検査の手順
物忘れ外来
生活習慣病の改善
治験について
脳の病気MRI検査 生活習慣病サイト
さかぐちクリニックの徒然日記

アクセス

所在地

〒593-8301
大阪府堺市西区上野芝町2丁7-3
西友楽市上野芝 2階

ホームページを見たと
お伝えください

072-242-1114

受付時間

平日

9:30~12:30、
16:00~19:30

検査

14:00~16:00

休診日

水曜日・日曜日・祝祭日
(水曜日は訪問診療のみです)
※木曜日(午後の診察)
…17:00~19:30
※土曜日(午後の診察)
…16:00~17:30

詳しいアクセスはこちら詳しいアクセスはこちら